ニュートンのリンゴの木

ニュートンのリンゴの木


ここにこの木があるのは知っていたが、
カメラを持ち歩くようになって、花が咲いたことに気づいた。
実は成るのだろうか。。。
今から楽しみで仕方ない。


接木で世界中に広がったケンブリッジ大学にあるニュートンのリンゴの木が
4世紀近くの時を経てここで実を結ぶことに人類のロマンを感じる。。。
というのはちょっと言い過ぎかな?(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 猫ブログへ 

11 thoughts on “ニュートンのリンゴの木

  1. リンゴの花って、こんな淡い色の可愛い花だったんだね。(*^^*)
    あ~しかし、違いの分かるオバチャンになりたいもんだ。
    あまりに知らな過ぎて、情けなか~~~!o( _ _ )o

    • 私も初めて見たんだよ。可愛いでしょ〜。
      実の方があまりに美味しくて、きっと花は見向きもしてもらえなかったんかなぁ〜と思うと、余計にいじらしく思えてくるよ。(笑)

  2. mitoさんオハヨウございます、何時になく味わい深い色彩の写真で感動します。
    リンゴの花も見た事が有りますが、ニュウートンのリンゴの木も花も初めて見させて頂き有難うございます!次は実が見れるかも・・・・・!?楽しみです。

    • はぁ~い!私もとっても楽しみです。
      時々成長をご報告できるといいなぁ~。
      リンゴが落ちるのをこの目で見てみたいですよねぇ~(笑)
      なんか閃くかしら?

    • こちらは某大学構内の木です。
      ケンブリッジ大学から東大へ、東大からこちらへとやってきたそうですよ。

    • 古い記事にコメントありがとうございます。(笑)
      リンゴの花というと、美空ひばりのリンゴ追分が頭の中を流れます。(爆)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s