パンパスグラス(西洋ススキ、シロガネヨシ)

パンパスグラス(シロガネヨシ)

高さ2~3mはあろうか
まっすぐ空へと伸びた茎
豊かな穂先を風になびかせ
その存在を主張する

西洋ススキ


南米原産の西洋ススキと、日本のススキ(芒、薄)の違いが面白い。
その姿と文字から受ける影の薄いイメージがある日本のススキも実のところ、北米では侵略的外来種として猛威をふるっているらしい。
なんだか侘び寂び好きの奥ゆかしさを美徳とする農耕民族っぽくて面白い。
どちらがいいとか悪いとかではなく、どちらの生き方も私は好きだ。

写真を撮っていると、地主のオジサンがやってきて、
「台風が来る前だったら、もっとふわふわして綺麗じゃったんよ~」と教えてくれた。
来年はもっとふわふわした写真を撮りに来よう。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 猫ブログへ

17 thoughts on “パンパスグラス(西洋ススキ、シロガネヨシ)

    • 反対向きに逆光で穂先が煌めくのを撮ってみましたが、空が飛んでしまって、イマイチでした。
      順光だと空がこんなに青かったっけ??という具合で、カメラって本当に不思議ですね。

    • 私もここで初めて見たのよ。何年も前だけどね。(笑)
      今までは通り道なので車の中から見てただけで、車から降りてまで写真に撮ろうと思ったことなかったんだけど、今年はどうしても撮りたくて決行しました。
      実物見たら、大きくてびっくりするよ。ススキはススキでも大違いだわ。

    • 雲までもがススキの穂のようですよね。
      実は撮ってる間はススキにばかり気が取られていて、雲まで気がつきませんでした。
      PCで見て小さくガッツポーズです。(笑)

  1. こんにちは!
    今でもパンパスグラス綺麗ですが、台風の来る前は
    どんなに綺麗だったのでしょう。
    来年に期待しています。

    • そうでしょ。これで十分綺麗だと思うのですが、オジサン曰く、「もっとふわぁ~~っとなって大きくて綺麗なんよ~~」ということです。
      持って帰って挿しとけば2週間くらいもつらしいのですが、穂が散ったら大変で奥さんに怒られるそうです。(爆)
      玄関先に飾ると綺麗かもしれませんね。穂が散っても外ならそれほど気にならないし。。。
      来年をお楽しみに♪

  2. 綺麗ですね‥‥。青い空と流れている雲、秋の香り。
    mitoさんのphotobox写真集、
    すごーく美しくて、スライドショーで堪能させて頂きました。
    日本の香りが伝わって来るようです。

    • ありがとうございます。
      外国にいるからこそ気づく日本の良さってあるんでしょうね。
      こちらにいるとドイツの景色や光の柔らかさが羨ましい限りです。

  3. 西洋ススキって見たことがないですね〜。
    確かに洋画に出てくるススキってこんな感じだー。

    雲とススキが同じように風に流れてますね。
    さあ、mitoさんの一句を。(^-^)/

    • ととのいましたぁ~~古っ

      『秋の日の ふわりふわりと 穂は伸びて  空はつながる 異国の地へと』 (詠み人プレッシャーに弱し)

      • いいじゃないですか〜。
        「ふわりふわり」の柔らかい感じと「空はつながる」のシャープな切れ味がこの写真の深みを表してますね。
        (私は何者…)
        しかも仕事が早い!おみそれしました。m(_ _)m

    • 昨日までは割と日中は暑かったのですが、今日は風も冷たく、窓を開けてると肌寒いので閉めましたよ。
      この分だと、あっという間に冬になっちゃいますね。。。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s