ガマをたずねて三千米(綿毛編)

2014/01/05

あれからひと月以上経ち、
もうとっくに綿毛がはじけて枯れてしまってるんだろうと思ってた。

ただただ、このガマが見たかった。
 

2014/01/05

強風が吹き荒れる日もあった。
叩きつけるような冷たい霰の日もあった。

待っていてくれてありがとう。
 

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ


ここ へ再びやってきた。
空は変わらず青いのに、そこは冬だった。

夫にガマを一本だけ採ってもらい、家に持ち帰った。
手触りは想像した通り、ベルベットのような優しい感触で、綿毛のぎっしりつまった穂は硬くもなく柔らかくもなく、
握りつぶすにはあまりにも容易で、しかしながらあまりにも勿体ない。

もう少しの間、この感触を楽しむことにして、猫のおもちゃにならないように納戸にしまってある。

6 thoughts on “ガマをたずねて三千米(綿毛編)

  1. ガマの穂少しはじけてますね。
    これが後に綿あめのようにふわふわになるんですよね。
    本当に不思議な植物だと思います^^

    噴水に虹が出てますね!きれいです♪

    • 今度、お天気のいい日に綿毛のはじける様子を動画で撮れたらいいなぁ~って思ってます。
      綿毛が太陽の光に照らされてキラキラ光って、風に乗って飛んでいく姿を今から想像してワクワクしてるのです。(笑)
      もうすっかりガマに魅せられてしまってます。

      この日は風が強くて、噴水のしぶきが風に流されて、こんなに綺麗な虹がかかりました。でも、それを撮るほうもしぶきがかかって大変でしたよ。( ´△`)アァ-

  2. えええっ?(@_@;)
    納戸にいれてるのぉー?
    納戸が、もふもふの綿毛だらけになったらどうするだに???

    • まだ大丈夫そうだよ。
      猫にやられるよりかはましかと思ってね。
      ま、納戸ではじけたらそれはそれでネタ的には面白いかなと。(笑)

  3. 本当、待っててくれたみたですね♪
    ガマシリーズは今後も続くのかな?
    待ってま〜す。
    納戸ガマの様子も。。
    あと、たまにはカエルちゃんもお願いします。笑

    • カエルは春にならないとねぇ~。

      ガマは次は動画を狙っております。
      しかし、その前に納戸で大爆発の悲しい結末になるやもしれません。。。(爆)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s