電停

2014/06/11


懐かしさの一歩手前で
こみあげる 苦い思い出に
言葉がとても見つからないわ
あなたがいなくても こうして
元気で暮らしていることを
さり気なく 告げたかったのに…

竹内まりや  『駅』 より

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ


画像と歌詞が全然かみ合ってないですね。(爆)
もうねぇ~なんでもいいから書きたかったの。この歌。

本当は「ひとつ隣の車両に乗り~」ってとこ書きたかったんだけど、これ一両じゃん!みたいな。
んで、全然改札口なんかないし、人混みって一人じゃん!みたいな。
しかもレインコートじゃないし、ジャージじゃん!みたいな。
だいたい、駅じゃないし、電停だし。。。みたいな。

車のラジオから聴こえてきた歌が妙に懐かしくて切なくて。。。若かった、若過ぎたあの頃を想い出した。




学生の頃、帰省中のアーケード街で偶然に再会した。
そのまま友達数人で懐かしい「アルプス」に入り、注文したのは生卵の乗っかった熱々プレートのナポリタン。
生卵をくずして絡め、粉チーズを山ほどふりかけて食べる。いつものやつ。
そういや、彼氏の前ではナポリタンなんて食べられないよねぇ~なんて話したことあったよね。

その時、向かいの席に座った彼が何を食べたのかなんて覚えてない。
覚えてるのはこみあげてくる懐かしさと切なさと、「彼の前だとmitoはとっても可愛いね」と後で言ってくれた友達の言葉。

田舎に帰るとどこかで再会しないかと面影を探してしまう。。。
そんな後悔と決心の狭間で20年引きずった想いも、数年前には写真や手紙とともにすべて焼き尽くした。

残ったのは心の片隅に宝物のように仕舞い込んだ大切な甘酸っぱい想い出だけ。
元気でいるのだろうか。。。
折に触れ、そんな思いがひょいと顔をのぞかせる。

例えば竹内まりやの『駅』がラジオから流れてきたような時に。

11 thoughts on “電停

  1. アラ、素敵。青春時のほろ苦い思い出ですね。
    それは、今も心の隅にひっそりと、しかし、しっかりと残っている。
    それがあるのとないのとでは、これからの人生の豊かさが異なるはずですよ。
    ほとんどの人にそれはあるのでしょうね。そんな思いと繋がる電停。

    昨年、帰郷したとき、九州の佐賀駅から唐津まで、一両編成、両側の窓からは菜の花、桜、ムンムンとする春の青草の息吹を感じるローカル線の日帰り旅を経験しました。各駅停車の電停も結構ひなびていてよかった。
    感激したのは、一両なのにちゃんとそろっていた、りりしい制服姿のハンサム乗務員。
    何気ないふりをして、その方も入れて、沿線の景観には思わずジャンジャンとシャッターを切りましたよ。
    ぼんやりとしている時には、いろんな思い出をかみしめていましたね。

    • 故郷にはいろんな想い出がつまってますよね。
      ふと目に入った写真や、ラジオから聴こえてきた音楽や、どこからともなく香ってきた匂いに時間をさかのぼることもあります。
      意識せずとも五感は覚えてるんですよね。
      共感して頂いて、ありがとうございました。

  2. この電車、すごくかわいい。
    ローカル色がほどよく出てていいですね〜。
    うちの前を通っていた赤いローカル線、今年の4月から新車両に変わってしまって残念に思っておりました。
    この電車は大切に残していってほしいですね。

    • この車両は古いもので、最近は新しい車両が増えてきました。
      この路線は通らないのですが、坊ちゃん列車なるものも走ってます。
      あちらはレトロっぽくてもレトロじゃない感じで、本当のレトロはこっちだよねぇ~と私も思っちゃいますよ。
      古き良き時代、昭和の香りがしてきますね。

  3. あっ、私も少し前にラジオで聞きました!
    竹内まりやの「駅」って、よく不倫の歌とか言われてますけど、関係がどうかはともかく、程度の差はあれ誰もが経験する日常的な感情のような気がします。
    いずれにしても、私には名曲のひとつですわ。

    • あら、同じ番組聴いてたのかしら?
      竹内まりやは『告白』『シングル・アゲイン』なども好きです。

      駅は、「今になってあなたの気持ち 初めてわかるの痛いほど 私だけ 愛してたことも」の部分、
      『私だけが』なのか、『私だけを』なのか、聴き手によって変わりますよね。
      こういうところが憎いです。(笑)

  4. 一気に書き上げた感満載だね~~~。(笑)
    なんだったっけ?ほら・・・えっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    たんぽぽ?
    違う違う!思い出した。れんげだ・・・あの時と同じくらいの勢いが溢れてる~!(笑)

    • ぁ・・・あの昭和のにおいのする喫茶店で、
      生玉子の乗っかった粉チーズてんこ盛りにかけたナポリタンを、
      また食べたいわ~~~♪(*^^*)
      もうあの店もあの通りも、何十年見てないんだろう???

      • http://blogs.yahoo.co.jp/tkg_ysyk/16244518.html
        あった、アルプスの記事。
        でも、調べてたら2007年7月1日に惜しまれながら閉店したんだって。

        当時粉チーズてんこ盛りは私たちのブームだったのかしら?
        後にも先にも粉チーズお代わりしたのは私たちだけだとか。。。(爆)

        この頃はどこに行ってもナポリタンだったように思うよ。
        イブハタも然り、アダムとイブも然り。
        ミートソースはあったけど、ナポリタンの前には影も薄く、ペペロンチーノやカルボナーラなんてものはなくて、ナポリタンはイタリア料理だと信じて疑わなかったよね。イタリアにはナポリタンなんて料理はないと知った時の衝撃ったらなかったわ。

        今、ストリートビューで見てみたら、もうあの通りはさびれてしまって、
        当時一番お洒落だと思ってたニチイは老人福祉施設になってたし、
        中学一年で友達とおにぎり持参で三本立てを二回り観た映画館はアミューズメント施設になってたし、
        皆が共通一次で頑張ってる時に二人でE.Tを観に行った映画館はもう空き地になってたし。。。
        でも、海は北にあって、山は南にあって、少し防波堤が高くなったけど海沿いの道はまだ細いまんまあるよ。
        いつか、帰っておいで。一緒に海岸線を散歩しよう。シルバーカー押してさ。(笑)

        • あ・・・これこれ!
          でも、もうアルプスのあの味は食べられないのね。o(_ _)o

          んで、あの頃は、喫茶店だったのよね~。
          しかも喫茶店たって、軽食屋さんみたいなのね。
          かふぇ・・・なんて、こじゃれた言い方じゃなくってさ。(笑)

          あ~懐かしい懐かしい!!
          でもニチイも映画館もなくなったんだ。
          海岸線も風景が変わったって、たくさんの島々が浮かぶ凪いだような穏やかな海の、
          あの潮の香りと波の音は変わらないもんね~。
          シルバーカーね~。
          その時でもまだ、mitoちゃん、akoちゃんなんて、呼び合ってるのかしらね~。(笑)

          • あったりまえじゃん。(笑)
            その時までお互い元気でガンバロー!!( ̄0 ̄)/ オォー!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s