Solanaceae

2014/07/12


『 ソラナムラントネッティ 』
別名 : ブルーポテトブッシュ
花言葉 : 有為転変・秘めた思い・心変わり
 

2014/07/12

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ


ナス科(学名Solanaceae)はナス、トマト、じゃがいも、ピーマンなど常用野菜をはじめとし、約90属2500種からなる。
このソラナムラントネッティも、前記事のダチュラもナス科である。
毒がこんなに身近にあるとは、今まで知らなかった。
無知とはおそろしいものだ。

ナスやトマト、トウガラシ、ピーマンなど果実を食用にする種が多く、ほかにジャガイモのように塊茎を食用とするもの、タバコのように嗜好品として栽培されるもの、ホオズキやペチュニアなど観賞用に栽培されるものもなど、利用の幅は広い。また、一般に特有のアルカロイドを含むために、多様な生理作用をもつ。これらは薬用や香辛料として用いられる場合もあるが、一般には強い刺激性や毒性を持つ。なお、食用とされる作物では品種改良により可食部にはアルカロイドが含まれないが、ジャガイモの芽・茎や未熟なトマトなどのように非可食部は有毒である場合がある。【Wikipediaより】

6 thoughts on “Solanaceae

    • 毒は実にあるそうですが、滅多に実は付けないということです。
      調べてたら、『フユサンゴ』というナス科の花は実がメインのようですが、毒があるそうです。
      見た目もとても美味しそうに見えるので、子どもさんのいる家庭では栽培しない方がいいとか。
      おそらく食べてもあまりの苦さにすぐ吐きだしてしまうのだとは思いますが。。。

    • 実にあるんだって。でも滅多につかないらしいよ。
      鳥が食べない実とか気をつけなきゃいけないってことよね。(笑)
      あっ、トマトの青いやつは食べちゃダメだってさ。苦くて吐きだしたって言ってたじゃん。
      あれが毒らしいよ。おそらく食べられたもんじゃないんだろうね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s