奇跡の日

2014/11/29


誰もが「生きる奇跡」
産まれてきた ただそれだけで
愛されてる証

Mr.Children  『放たれる』 より


前日に「笑えるうちはまだだから帰って大掃除しなさい。」と言われて帰宅して、言いつけどおりに拭き掃除をすると夕方から痛みが強くなってきた。日付が変わるころに病院に向かい、笑えないってこういうことね。。。と数分置きに押し寄せる痛みに耐えながら、まもなく逢える期待感より睡魔が半端なく、明け方ようやく長い便秘が解消したような一瞬の解放感のあと、他人にしてみれば決して可愛いとは言えない猿のような我が子を愛しく愛しくこの胸に抱いた。。。22年前の今日のことである。

4 thoughts on “奇跡の日

  1. 「誕生日おめでとう」というのは、そのお母さんへの祝い言葉でもあるんだと気付かされましたよ。
    あらためて、おめでとう☆

    • ありがと~。
      産まれてきてくれてありがとう。
      産んでくれてありがとう。

      誕生日はありがとう~がいっぱいの日です。(笑)

  2. 成る程
    参考になります。
    我家はあと二週間で36週目。
    ひょっとしたら、あとひと月もせずに我が子と対面となるかもです。

    ドラマチックな空ですね。
    思い切り切り詰めた露出がいいですね〜

    • そうそう、奥様入院なさってるんですよね。
      臨月に入れば制限がなくなるのでおそらくすぐに産まれるんじゃないでしょうか。
      今はただ、なにより母子ともに無事に産まれることを願うばかりですね。

      来年はきっとブログも「ねこびより」改め「こどもびより」になりますよ。(笑)
      この世で唯一、自分の命よりも大切なものが出来るのですから~。
      猫への愛情たっぷりの写真に代わって、こどもへの愛情溢れる写真を楽しみに待っています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s